平安時代 文学作品 紀貫之

平安時代 文学作品 紀貫之

平安時代 文学作品 紀貫之



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で 、三十六歌仙の一人。

『土佐日記』(とさにっき)は、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。古くは『土左日記』と表記されていた 。

 · 紀貫之とは. 紀貫之 (きのつらゆき : 872?. ~945)は、平安時代前期から中期に活躍した貴族で、日本の歴史の中でも代表的な 歌人 である。. 『 古今和歌集 』の撰者の1人であり、また、平安時代の和歌の名手である 三十六歌仙 の1人としても数えられている。. また、散文作品 (現在のエッセイのようなもの)である『 土佐日記 』を執筆し、こちらは 日記文学としては ...

 · 日本の文学史のなかで大きな転換期となった平安時代。. この時代を象徴する作品が、紀貫之が作者の『土佐日記』です。. 今やお菓子の名前に使用されるほど、日本を代表する有名な作品のひとつとなっています。. それまでの中国を模した漢文による表現ではなく、当時としては異例の仮名文字を使った日記形式の文学作品で、後の日本文学に多大な影響を与えまし ...

平安時代 文学作品 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 平安時代 文学作品 紀貫之

Read more about 平安時代 文学作品 紀貫之.

4
5
6
7

Comments:
Guest
The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.
Guest

The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.

Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu