川端 康成 論

川端 康成 論

川端 康成 論



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。

1968年、ノーベル文学賞受賞。

1968年、ノーベル文学賞受賞。

川端康成「化粧」は、『文藝春秋』昭和七(一九三二)年四月号に発表された、いわゆる「掌の小説」と呼ばれる 品全文をあえて掲げる小品群の一つである。四百字原稿用紙に換算してわずか四枚強の作品であり、作品梗概を示すことはせず、以下に作 注1 。

川端康成が自身の翻訳観・日本語観を披歴した文章に「鳶の舞う西空」という随筆があって、精読したことがある。「『源氏物語』の作者に『紫式部日記』があった方がよいのか、なかった方がよいのか。なくてもよかった、むしろなければよかったと、私は思う時もある」という書き出しの ...

 · 日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

川端康成「末期の眼」論 99 が自分の世界のごく一部であったりしたため, その誤解に対して「嫌悪」の情を示し,「『末期

川端康成『眠れる美女』論 ―江口像の読み直しのために― ... ある〉という告白に川端の性や生に生みの母の問題が常に強く意識されていた」(6)とする 作家論的な捉え方や、「この宿における江口の母胎回帰は明らかに近づく死からの小休止 ...

Ⅰ はじめに 「虹いくたび」は昭和二五年三月から昭和二六年四月 のだろうか。りゆく日本の中でどのように登場人物たちを写し出したの関係性を描いた「虹いくたび」は、終戦を迎え、変わの時代を投影したものと考えることができる。

川端康成作品論集成. おうふう, 2009.11-タイトル読み. カワバタ ヤスナリ サクヒンロン シュウセイ

川端康成「散りぬるを」論-「合作」としての「小説」 へ-)(2) 「散りぬるを」は、川端康成噌身が「或る犯罪記録の潤色」と述 あり、昭和五年~十年前後にかけて数多-発表された警察の「捜査 べているように現実の殺人事件およびその「記録」に基づ-小説で

川端の掌編小説. 初期の頃の35編は1926年(大正15年)6月15日に金星堂より刊行の処女作品集『感情装飾』に初収録された 。 その後の1930年(昭和5年)4月7日に新潮社より刊行の『僕の標本室』には、新作を加えた47編が収録され、1938年(昭和13年)7月19日に改造社より刊行の『川端康成選集第1巻 ...

川端 康成 論 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 論

Read more about 川端 康成 論.

4
5
6
7

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

The smallest deed is better than the greatest intention.

Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Calendar
MoTuWeThFrStSu