川端 康成 特徴

川端 康成 特徴

川端 康成 特徴



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。 大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った 。その後は、死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界、幽玄、妖美な世界観を確立させ 、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた 。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した 。 代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明し、研究・追跡調査されている 。 川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢桓夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる 。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い 。 多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した。なお、遺書はなかっ …

 · 日本を代表する作家・ 川端康成 (かわばた やすなり)。. 日本国内だけでなく海外的にも認められた作家であり、ノーベル文学賞受賞作家です。. ですがその名前は聞いた事はあっても、彼自身がどんな人だったのかについてご存知の方は少ないかもしれません。. 今回は、川端康成 …

川端康成(かわばたやすなり)は『伊豆の踊子』『雪国』などの代表作がある日本の作家です。. 川端は明治32年(1899)6月14日、現在の大阪府・茨木市に生まれ、東京帝国大学(現:東京大学)に入学後は第六次『新思潮』を立ち上げ、作家活動を本格化させます。. 自然主義に反し感覚を重視する作風は「新感覚派」と呼ばれました。. 日本的な美を抒情的に描いた点 ...

 · そして、東京帝国大学(現在の東京大学)国文科在学中にその才能を認められ、西欧の文学を取り入れた「新感覚派」として注目を浴びます。. 近代日本文学の中でもトップレベルの活躍ぶりを見せ、多くの作品を発表した川端康成。. 大正・昭和という2つの時代を駆け抜けた彼は、昭和47年(1972)4月16日、72歳でガス自殺をしましたが、美しい文章と多くの作品は、今 ...

川端康成の性格は? 川端康成の性格について記載していきます。 川端の過去を調べていくと主に3つの性格が目立っており、それぞれ紹介していきます。 ・物静かだが温かさがあった ・人を凝視して観察をしていた ・自由奔放で金銭感覚がズレていた

川端康成はすべてのライターや文筆家の手本となるべき文章を数多く残して います。 それでは、川端康成の文学作品から5つの美しい日本語表現を技法ごとに紹介しましょう。 1. 「雪国」の詩的短文 『 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

川端康成独特の人生観が随所に溢れている。. 「末期の眼」を芥川は自殺という手段で手に入れることができたが、川端は生まれながらにそれを習得しています。. 簡単に(天涯孤独という身は辛いでしょうが…)その価値観を得ているため、普通の価値観を持つ私には理解し難い表現もあります。. (美しい顎のラインを、幾代も経た血統の生んだものなのだろうか ...

 · 作者・川端康成とは? 大正から昭和にかけて活躍した、日本の代表的な作家。 たくさんの作品を残していますが、どれも日本独自の美意識を感じさせるものとして、海外からも評価されていま …

川端 康成 特徴 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 特徴

Read more about 川端 康成 特徴.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Guest

Years wrinkle the skin, but lack of enthusiasm wrinkles the soul.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu