川端 康成 朗読

川端 康成 朗読

川端 康成 朗読



 · 【朗読】禽獣 ‐ 川端康成 <河村シゲル Bun-Gei 名作朗読選> - Duration: 1:01:59. 【公式】名作朗読チャンネル Bun-Gei 8,535 views 1:01:59

 · 【朗読】伊豆の踊子 - 川端康成 <河村シゲル Bun-Gei朗読名作選> - Duration: 1:07:30. 【公式】名作朗読チャンネル Bun-Gei 36,672 views 1:07:30

【川端康成】『雪国』のあらすじ・内容解説・感想|朗読音声付き yuka 2020年2月21日 / 2020年7月21日 日本人で始めてノーベル文学賞を受賞した、川端康成の代表作『雪国』。

【川端康成】『伊豆の踊子』のあらすじ・内容解説・感想|朗読音声付き yuka 2020年2月21日 / 2020年7月21日 『伊豆の踊子』は、川端が19歳の時の体験がもとになっている作品です。

川端康成の掌の小説は20代から書き始め、40年という長い年月をかけて作られた作品です。 初期の頃の35編は金星堂より刊行の処女作品「感情装飾」に収録されました。

川端康成は、旅館「雪国の宿 高半」に昭和9年から昭和12年にかけて滞在し、 『雪国』を執筆。 開湯900年を超える、文豪川端康成も愛した卵の湯、高半。 900年以上の歴史をもつ天然温泉で、肌がすべすべになると評判で、 「卵の湯」として親しまれている。

【伊豆的舞女】学生川岛去伊豆旅行时邂逅了年仅14岁的舞女阿薰,因身份等原因,两人只能含泪告别...

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。 愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情 ...

【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

川端の掌編小説. 初期の頃の35編は1926年(大正15年)6月15日に金星堂より刊行の処女作品集『感情装飾』に初収録された 。 その後の1930年(昭和5年)4月7日に新潮社より刊行の『僕の標本室』には、新作を加えた47編が収録され、1938年(昭和13年)7月19日に改造社より刊行の『川端康成選集第1巻 ...

川端 康成 朗読 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 朗読

Read more about 川端 康成 朗読.

9
10
11
12

Comments:
Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Guest

Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.

Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Calendar
MoTuWeThFrStSu