川端 康成 掌 の 小説 心中

川端 康成 掌 の 小説 心中

川端 康成 掌 の 小説 心中



『掌の小説』(たなごころのしょうせつ)は、川端康成の掌編小説集。「てのひらのしょうせつ」とルビが付されている場合もある 。川端が20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた掌編小説を収録した作品集で、1971年(昭和46年)3月15日に新潮文庫より刊行された。1話の長さは、短いもので2ページ程度、長いものでも10ページに満たない掌編小説が111編収録され、のち1989年(平成元年)改版から11編追加されて122編収録となった。なお川端の掌編小説の全総数は128編ほどになると言われ …

心中: 掌の小説 Audible版 – 完全版 川端 康成 (著), 松宮 森乃 (ナレーション), ことのは出版 (出版社) & 0 その他 その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする

Check out this great listen on Audible.co.jp. 逃げた男から、妻子のもとへ手紙が来る――【5分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生とも ...

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

川端康成「掌の小説」から 小松原 千里 近代 (70), p119-136, 1991-06

#164 川端康成「心中」(『掌の小説』より) その作品は日本国内だけでなく、世界からも高い評価を受けており、日本が生んだ最高の文学者のひとりとして、今なお語り継がれています。

川端康成「化粧」は、『文藝春秋』昭和七(一九三二)年四月号に発表された、いわゆる「掌の小説」と呼ばれる 品全文をあえて掲げる小品群の一つである。四百字原稿用紙に換算してわずか四枚強の作品であり、作品梗概を示すことはせず、以下に作 注1 。

川端康成の、40年の歴史『掌の小説』 掌編小説が100編以上も収録された、いわば作品集です。 どの作品も短いですが全て濃い情景描写で描かれていて、しかも40年以上に渡って書かれた作品集。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成 掌 の 小説 心中 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 掌 の 小説 心中

Read more about 川端 康成 掌 の 小説 心中.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Calendar
MoTuWeThFrStSu