川端 康成 掌 の 小説 心中

川端 康成 掌 の 小説 心中

川端 康成 掌 の 小説 心中



『掌の小説』(たなごころのしょうせつ)は、川端康成の掌編小説集。「てのひらのしょうせつ」とルビが付されている場合もある 。川端が20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた掌編小説を収録した作品集で、1971年(昭和46年)3月15日に新潮文庫より刊行された。1話の長さは、短いもので2ページ程度、長いものでも10ページに満たない掌編小説が111編収録され、のち1989年(平成元年)改版から11編追加されて122編収録となった。なお川端の掌編小説の全総数は128編ほどになると言われ …

★大量殺傷と自らの死。この破滅的な犯行に「拡大自殺」という用語が与えられていると知った。★「拡大自殺」は無理心中にも似ている。自分勝手な自分中心の発想が動機となる。「心中」を検索していたら、川端康成の小説に行き着いた。★川端康成の「掌の小説」(新潮文庫)から「心中 ...

心中: 掌の小説 Audible版 – 完全版 川端 康成 (著), 松宮 森乃 (ナレーション), ことのは出版 (出版社) & 0 その他 その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

 · Check out this great listen on Audible.co.jp. 逃げた男から、妻子のもとへ手紙が来る――【5分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の …

#164 川端康成「心中」(『掌の小説』より) その作品は日本国内だけでなく、世界からも高い評価を受けており、日本が生んだ最高の文学者のひとりとして、今なお語り継がれています。

Amazonで康成, 川端の掌の小説 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。康成, 川端作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また掌の小説 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 掌の小説 - 川端 康成 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成 掌 の 小説 心中 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 掌 の 小説 心中

Read more about 川端 康成 掌 の 小説 心中.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Calendar
MoTuWeThFrStSu