川端 康成 宿

川端 康成 宿

川端 康成 宿



伊豆、天城湯ケ島温泉の旅館湯本館は、文豪、川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿として有名で、狩野川の川端の露天風呂は日本秘湯を守る会の推薦を受けています。

文豪川端康成『伊豆の踊子』執筆の宿 湯本館 エリア: 静岡県 > 中伊豆 > 修善寺・天城湯ヶ島・中伊豆 宿番号:375165

 · 文豪 川端康成 氏 『伊豆の踊子』 執筆の宿 湯ヶ島温泉 湯本館、川端康成 氏 伊豆の踊子 執筆の宿。歴史あふれる当館の100%源泉かけ流しの温泉をお楽しみ下さい。、伊豆箱根鉄道修善寺駅よりバスにて30分、駐車場:有 10台 無料

伊豆の踊子の宿、福田家は旧伊豆の国(現伊豆半島)の中央に位置する、天城山中に湧き出る河津温泉郷湯ヶ野温泉に、明治12年(1879年)創業いたしました。 日本初のノーベル文学賞作家・川端康成先生が19歳の時に訪れ、当館を舞台に「伊豆の踊子」を執筆されました。

私(川端康成)は、友人朝倉(三明永無氏)と共に、みち子(伊藤初代さん)が養女となっている澄願寺(西方寺)を訪ねた。 大正8年に本堂の再建が開始され、初代さんのいたときは普請の最中で、同15年に完成しました。

川端の宿 湯本館は、狩野川のほとりに位置する、文豪川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿です。こちらのページでは、湯本館と川端康成の繋がりについてご紹介しております。川端文学の香りあふれる湯本館にどうぞお越しください。

 · <川端康成が愛した温泉宿> 大正7(1918)年、19歳の川端が伊豆を旅した時の実体験を元に書かれた『伊豆の踊子』。 この旅以来、川端は湯本館を毎年のように訪れ大正11(1922)年に作品を執筆、半年~1年以上滞在することもあった。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · どうも、Kosakuです。 最近ようやく文庫サイズのブックカバーを購入しました。とても気に入っていて、もう一つ色違いのものを買ってもいいんじゃないかなと思っています。 今回は川端康成『温泉宿』(1929年)の感想です。この作品は新潮文庫版の『伊豆の踊子』に集録されています。

川端 康成 宿 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 宿

Read more about 川端 康成 宿.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Guest

He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.

Guest
A handful of patience is worth more than a bushel of brains.
Calendar
MoTuWeThFrStSu