川端 康成 千羽鶴

川端 康成 千羽鶴

川端 康成 千羽鶴



『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である 。亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精のように回想する青年が、夫人の娘とも契る物語 。

匂うような官能的な夫人の肉感に象徴される形見の志野茶碗の名器の感触と幻想から生まれる超現実な美的世界と、俗悪に堕した茶の湯の世界の生々しい人間関係が重なり合って描かれている 。

千羽鶴. 川端康成/著 605 円 (税込) 発売日:1989/11/17 ... *千羽鶴の風呂敷 この作品の題名ともなった風呂敷の由来については、著者が「独影自命」のなかで詳しく説明してある。

 · 千羽鶴(1969)の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ノーベル賞作家川端康成の原作を「強虫女と弱虫男」の新藤兼人が脚色 ...

千羽鶴(1969)(1969年4月19日公開)の映画情報、予告編を紹介。 ... 川端康成原作のため、冒頭に「ノーベル文学賞受賞記念」のテロップあり。 ...

千羽鶴(1969)(1969年4月19日公開)の映画情報、予告編を紹介。

川端 康成『千羽鶴』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

 · 円覚寺と川端康成の『千羽鶴』三連休の中日、今年初めての北鎌倉、そして円覚寺が初詣になりました。今頃は雪の成人式もあったのに、今日は常になく暖かい、それに日差しが強い。妻に北国の子供のように厚着させられた私の下着は汗で濡れている。

Vol.30: 千羽鶴 (せんばづる) 発行所 新潮文庫 著者 川端康成(かわばたやすなり) 定価 438円 ジャンル 小説

 · 川端康成『千羽鶴』(新潮文庫)を読みました。 川端康成と言えば、『伊豆の踊子』や『雪国』ですよね。ではなぜそれから読まなかったかと言えば、実はいずれも若干の読みづらさがあるから …

川端康成 「千羽鶴」 ノーベル賞作家の川端康成の作品には、禅の心が秘められています。多くの作品がそうですが、セミナーで『千羽鶴』と『雪国』をとりあげて、その中から禅の心をさぐりました。

川端 康成 千羽鶴 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 千羽鶴

Read more about 川端 康成 千羽鶴.

2
3
4

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

Family reunions sometimes leave us with feud for thought.

Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Calendar
MoTuWeThFrStSu