川端 康成 作品 一覧

川端 康成 作品 一覧

川端 康成 作品 一覧



【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

作品一覧や、商品画像、著者略歴を更新し、著者ページの充実にご協力ください。 ... 川端 康成の作品 和書 ... ノーベル賞授賞式に羽織袴で登場した川端康成は、古典文学や芸術を紹介しながら日本の死生観を述べ、聴衆の深い感銘を誘った。 ...

「川端康成」の作品一覧。最新刊や発売予定作品、ユーザーレビュー等を紹介!無料試し読みも充実。電子書籍なら総合書 ...

川端康成 かわばた・やすなり(1899年6月14日 - 1972年4月16日)小説家、文芸評論家。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。 川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。 本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。 2019年 3月25日、審査委員長である川端香 ...

感情装飾(1926年)伊豆の踊子(1927年)浅草紅団(1930年)化粧と口笛(1933年)水晶幻想(1934年)抒情歌(1934年)禽獣(1935年)純粋の声(1936年)花のワルツ(1936年)雪国(1937年)むすめごころ(1937年)女性開眼(1937年)級長の探偵(1937年)乙女の港(1938年)寝顔(1941年)愛する人達(1941 ...

公益財団法人川端康成記念会のホームページ。川端康成文学賞の授与、川端康成の作品資料、遣品、愛蔵品等の保存および研究家等への公開。川端 康成 略年表の紹介ページです。

川端 康成 作品 一覧 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 作品 一覧

Read more about 川端 康成 作品 一覧.

3
4
5

Comments:
Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Calendar
MoTuWeThFrStSu