川端 康成 の 雪国

川端 康成 の 雪国

川端 康成 の 雪国



『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。 1935年(昭和10年)から各雑誌に断続的に断章が書きつがれ、初版単行本刊行時の1937年(昭和12年)7月に文芸懇話会賞を受賞した。その後も約13年の歳月が傾けられて最終的な完成に至った 。

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。 1935年(昭和10年)から各雑誌に断続的に断章が書きつがれ、初版単行本刊行時の1937年(昭和12年)7月に文芸懇話会賞を受賞した。その後も約13年の歳月が傾けられて最終的な完成に至った 。

『雪国』は、最初から

『雪国』は、最初から

今から50年前の1968年、小説家の川端康成が日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した。氏の72年の生涯を振り返ると共に、「千羽鶴」に並ぶ代表作であり、海外でも人気の高い「雪国」について鶴見大学片山倫太郎教授に話 ...

その川端も、さらに七二年に、ガス自殺を遂げる。北村透谷から芥川龍之介、太宰治を経て、日本近代文学の歴史は、作家の自死の歴史でもある。 「雪国」は言わずと知れた川端の代表作である。 冒頭の 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

『雪国 (新潮文庫)』(川端康成) のみんなのレビュー・感想ページです(717レビュー)。

『雪国』は川端康成の小説で、東京に住む青年と新潟の芸者の恋愛、雪国の風景・生活が抒情的に描かれています。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の書き出しが有名です。『雪国』は昭和9年(1934)から書き出され、昭和23年(1948)に一応の完成となりましたが、昭和46年(1971 ...

川端康成の小説『雪国』のあらすじや感想、読み方の解説!. 二人の女性が「鏡写し」にされた日本文学の金字塔. 日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。. 川端の数多い著作の中でも、特に 『雪国』 は 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」 という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。. 雪国 (新潮文庫) 新潮社 ...

【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」 …

 · 川端康成の有名な小説『雪国』の冒頭には「国境」という言葉が出てきます。この漢字には読みが2種類ありますが、『雪国』に関してはどちらが正解なのか、いまだにわかっていないといいます。このような読みが2つある熟語は意外と多く、…

川端 康成 の 雪国 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 の 雪国

Read more about 川端 康成 の 雪国.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

You can't turn back the clock--But you can wind it up again.

Guest
To disagree, one doesn't have to be disagreeable.
Calendar
MoTuWeThFrStSu