小松左京 安部公房

小松左京 安部公房

小松左京 安部公房



小松左京:「小松左京の猫理想郷(ネコトピア)」、竹書房 (2016年10月14日)。 乙部順子:「小松左京さんと日本沈没 秘書物語」、産経新聞出版 (2016年11月10日)。※ 著者は34年間の小松氏の女性秘書。 関連人物

(安部公房 『密会』、『公然の秘密』、演劇作品『仔象は死んだ』) ... 安部公房は、sf小説の新人賞の審査員をやって、小松左京とかを入選させ ...

たことで知られ本のSF界を牽引する小松左京、眉村卓らSF第一世代を多数輩出しおいて、安部は選考委員を務めている。 このコンテストはその後、日テスト︵第二回以降はSFコンテストに改称︶の第一回から第三回に強い関心を示した。

小松左京は70年代から80年代にかけて日本の知識人に見られた「リベラルな国際主義」を象徴する作家である。 ... 作品の翻訳もロシア語をはじめとする東欧諸語への翻訳が多く、安部公房と並んでもっとも共産圏に紹介された日本人作家のひとりだろう。

『復活の日 (ハルキ文庫)』(小松左京) のみんなのレビュー・感想ページです(79レビュー)。作品紹介・あらすじ:mm‐八八菌-実験では、摂氏五度で異常な増殖をみせ、感染後五時間で九十八%のハツカネズミが死滅!生物化学兵器として開発されたこの菌を搭載した小型機が冬のアルプス …

小松左京や半村良が応募しても最高賞は取れなかったのだから、なかなか審査水準のきびしい新人賞だったと言えるのではないでしょうか。 安部公房の残した選評を読むと、新人作家に対して真摯に向き合っていることがよくわかります。

たまたま、安部ねり氏の『安部公房伝』(新潮社)を読み終えた時に、小松左京氏が亡くなったとの報道に接した。安部さんの本は、娘さんによる伝記+公房を知る人々へのインタビュー記事 …

『第四間氷期』(だいよんかんぴょうき)は、安部公房のSF 長編小説。「序曲」「プログラム カード No.1」「プログラム カード No.2」「間奏曲」「ブループリント」の5章から成る。日本で最初の本格的長編SF小説だとされている 。 万能の電子頭脳「予言 機械」を研究開発した博士が、実験台と ...

こちらの記事に対するmshkhさんのブックマークです → 「この記事面白い.安部公房が,眉村卓,豊田有恒,小松左京,半村良,筒井康隆という(新人時代の)SF巨匠をバッサバッサ切ってるところは時代を感じる」

能見正比古さんの「血液型性格ハンドブック」(1981年)のp.37に掲げられているリストをベースに、その後のデータ( 赤 )を追加してみました。 なお、「*」は複数のジャンルに登録して …

小松左京 安部公房 ⭐ LINK ✅ 小松左京 安部公房

Read more about 小松左京 安部公房.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Guest

You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.

Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu