小倉 百人一首 清少納言

小倉 百人一首 清少納言

小倉 百人一首 清少納言



小倉百人一首の清少納言の和歌とその現代語訳・解説を書いたページです。 スポンサーリンク 優れた歌を百首集めた 『小倉百人一首』 は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公家・歌人の 藤原定家(1162-1241) が選んだ私撰和歌集である。

百人一首の和歌の紹介をしています。このページでは歌番号62番・清少納言(せいしょうなごん)の和歌を紹介していますが、百人一首の和歌は、歌番号のほかにも作者別や上の句・下の句などでも検索して調べることが出来ます。

小倉百人一首辞典 ... 清少納言(せいしょうなごん、康保3年頃(966年頃) - 万寿2年頃(1025年頃))は、平安時代の女流作家、歌人。 ...

小倉百人一首 - 清少納言 学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 清少納言 孟嘗君は、深夜に鶏の鳴きまねを食客にさせて、函谷関の関守をだまして通り抜けましたが、逢坂の関は決して許さないでしょう。

小倉百人一首の歌人の短歌・和歌集では、小倉百人一首の登場人物である清少納言の歌「夜をこめて鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関は許さじ」の意味を、現代語訳として解説・紹介しています。

百人一首にある清少納言の歌も 漢籍の素養が活かされたものです。 この一首を贈った相手は藤原行成(ふじわらのゆきなり)。 小野道風(おののみちかぜ)、藤原佐理(ふじわらのすけまさ)と並び、 三蹟(さんせき)と呼ばれる書の名手です。

小倉 百人一首 清少納言 ⭐ LINK ✅ 小倉 百人一首 清少納言

Read more about 小倉 百人一首 清少納言.

7
8
9
10

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Calendar
MoTuWeThFrStSu