宮部みゆき おたすけぶち

宮部みゆき おたすけぶち

宮部みゆき おたすけぶち



部分タイトル おたすけぶち / 宮部みゆき 著 出版年(w3cdtf) 2019 ndlc kh6 ndc(10版) 913.68 : 小説.物語 ndc(9版) 913.68 : 小説.物語 対象利用者 一般 資料の種別 図書 言語(iso639-2形式) jpn : 日 …

宮部みゆきの短編集の中の一つ 「おたすけぶち」 主人公a子は10年以上前に事故死した兄へ弔いの花束を 事故現場「おたすけ淵」へと捧げに行く。 そこはやたら事故が多く、一旦事故ればまず助からないと言われてる場所だった。

宮部 みゆき (みやべ みゆき、1960年 12月23日-)は、日本の小説家。 東京都 江東区生まれ。 日本推理作家協会会員 。 日本sf作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員 。. ol、法律事務所 、東京ガス集金課勤務 の後、小説家になる。 1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビュー ...

その場所を通る車は必ず事故を起こすという深い魔の淵、お助け淵。その淵を通る山奥に小花井村という小部落がひっそりとある。10年前、事故を起こした車に乗っていた4人の内、3人が死亡、一人が行方不明になった。その一人が兄一樹だった。事故を兄が起こし、失踪したと見られる。

宮部みゆきの作品としては★3つ。 とり残されて 全編通して一番怨念が強かった。男の夢と女の現実の交錯。 おたすけぶち おたすけぶちから車で落ち、死んだと思っていた兄と、10年ぶりに再会する。これは実は幽霊ものではない。

宮部みゆき「おたすけぶち」 主人公の孝子が、10年前に「おたすけぶち(淵)」で交通事故死したはずの兄の痕跡を追うーというストーリー。 兄の遺体は、見つかっていないのだ。 トリは、安定の宮部みゆき …

おたすけぶち 宮部みゆき ⭐ LINK ✅ おたすけぶち 宮部みゆき

Read more about おたすけぶち 宮部みゆき.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Guest

If at first you do succeed, hide your astonishment.

Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu