安部公房 ワープロ

安部公房 ワープロ

安部公房 ワープロ



 · 安部公房は、『砂の女』や『箱男』などの作品が有名で、ノーベル賞にもっとも近かった作家としても知られています。その安部が執筆に使っていたワープロは、nec製の「文豪」。なんと、自分が使いやすいようにワープロの開発にも携わったのだそうです ...

ワープロをいち早く執筆に取り入れた作家・安部公房 安部公房プロフィール. 安部 公房 (あべ こうぼう) ※本名は同じ感じで「きみふさ」 誕生日 1924年3月7日; 出身 東京府北豊島郡滝野川町(現・東京都北区西ヶ原) 死没 1993年1月22日(68歳没)

安部公房 + ドナルド・キーン (対談)『反劇的人間』中央公論社〈中公文庫〉、1979年3月。isbn 978-4-12-200620-1。 『安部公房文学語彙辞典』谷真介 編著、スタジオvic(出版) 星雲社(発売)、1981年4月、増補版。 安部公房『死に急ぐ鯨たち』新潮社、1986年9月。

ワープロを使っている作家は少数派。 前者など“安部公房”しかいない。 安部公房はもとも手書きで原稿を書いていたが、 いち早くワープロを導入したらしい。 ワープロの登場を心から喜んでいたという。 ワープロが普及し始めたときは、

安部公房(あべ こうぼう 1924年~1993年)は日本の小説家です。モダンで知的かつ前衛的な世界観をもつ作品群が海外でも人気を高め、世界30数か国で翻訳出版されており、ノーベル賞に最も近い日本人作家とも呼ばれていました。そんな安部公房の代表作をご紹介します。

安部ねり『安部公房伝』を読んでいたら、こんな記述に出くわした。 当時まだパソコンが普及してなかった時代に、公房は日本で初めて作家としてワープロを使用した。彼の最初の機械は、日本ではじめて普通の人が使える個人向けワープロだった。開発したNECは公房の担当者を決めて ...

 · 安部公房のシュールな世界観は、ある種孤独との共存だったのかもしれません。彼は執筆の際、ワープロが登場してもすべて手書きで行っていたそうです。

ワープロに転向した「ワープロ・イミグラント」であり、ワープロで書く方が自分に合うと明言した「ワープロ・ファースト」の安部公房が、はじめてワープロでしか書いたことのない「ワープロ・ネイティブ」作家と出会う一幕。

安部公房はこのようにして、現代の生きた現実に立脚し、 作品化を試みる。 安部公房は、自分自身の経験を作品化しない。 だが、日常と断絶された、想像だけを頼りに、 作品を書いているわけではない。

安部公房 ワープロ ⭐ LINK ✅ 安部公房 ワープロ

Read more about 安部公房 ワープロ.

4
5
6
7

Comments:
Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Guest

It's easy to tell when you've got a bargain...it doesn't fit.

Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Calendar
MoTuWeThFrStSu