孔子 井上靖 あらすじ

孔子 井上靖 あらすじ

孔子 井上靖 あらすじ



孔子の心打つエピソードを重ねて、その人間像を浮き彫りにした名作。. 二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く歴史小説。. 『論語』に収められた孔子の詞はどのような背景を持って生れてきたのか。. 十四年にも亘る亡命・遊説の旅は、何を目的としていたのか。. 孔子 …

ネタバレ 二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く、井上靖氏の晩年の作品。. 孔子の身の回りの世話をしながら戦乱の中原を共に放浪した弟子が、孔子 …

ネタバレ 二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く、井上靖氏の晩年の作品。. 孔子の身の回りの世話をしながら戦乱の中原を共に放浪した弟子が、孔子 …

 · あらすじ・内容 二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く歴史小説。『論語』に収められた孔子の詞はどのような背景を持って生れてきたのか。十四年にも亘る亡命・遊説の旅は、何を目的としていたのか。

80~82歳にかけて結実した、井上靖、最後の長編。 二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く歴史小説。『論語』に収められた孔子の詞(ことば)はどのような背景を持って生れてきたのか。

孔子の没後33年、生き残っている弟子の一人、蔫薑(えんきょう)が、山奥の陋屋に孔子研究会の面々の訪問をうけて、孔子の詞やエピソードを昔語りをする、という設定で、孔子の人となりを描いた書。

井上 靖の小説「孔子」を語るについてのあらすじや作品解説はもちろん、長文考察レビューや評価を閲覧できます。

孔子 井上靖 あらすじ ⭐ LINK ✅ 孔子 井上靖 あらすじ

Read more about 孔子 井上靖 あらすじ.

3
4
5

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu