孔子 井上靖 あらすじ

孔子 井上靖 あらすじ

孔子 井上靖 あらすじ



井上靖執筆時80才、最晩年の作品。 物語の概要: 主人公は孔子の架空の愛弟子が、孔子の死から33年後、若い孔子の研究者に向かって語るスタイルの物語。(孔子研究の成果がやがて「論語」として出版されることになる。

「孔子」井上靖著、新潮文庫、1995.12.01 429p ¥560 C0193 (2019.05.11読了)(2000.07.12購入)(1996.11.15/7刷) 「100分で名著」で『論語』が採り上げられたころから読んでしまおうと思いつつだいぶ経ってしまいました。

二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く歴史小説。『論語』に収められた孔子の詞はどのような背景を持って生れてきたのか。十四年にも亘る亡命・遊説の旅は、何を目的としていたのか。孔子と弟子たちが戦乱の中原を放浪

井上靖の周囲に実在した人物がモデルとして多く登場し、特に『しろばんば』中に登場する、曽祖父の妾で洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活は、井上靖の人格形成を語る上で欠かせないものである。

井上 靖『孔子』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレ ...

『孔子』(井上靖) のみんなのレビュー・感想ページです(8レビュー)。作品紹介・あらすじ:語りがそのまま詩であり、思想となった"人類の教師"孔子の言説を14年の放浪亡命の旅にとらえ、戦乱の世にあってを生き、ついに絶望しなかった人間的魅力の謎を解き明かす。

2014年7月に『恕の人』の中国TVドラマをtsutayaで借りて見終り、1年半。マイドラキュラブームも過ぎ、また、孔子に会いたいな~と、『孔子』読んでみました。井上靖の『孔子』は、孔子の放浪の旅の途中に一緒に手伝いとして同行していた篶薑という人が、孔子没後30年経って、孔子研究の人 ...

孔子 井上靖 あらすじ ⭐ LINK ✅ 孔子 井上靖 あらすじ

Read more about 孔子 井上靖 あらすじ.

3
4
5

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu