孔子 井上靖 あらすじ

孔子 井上靖 あらすじ

孔子 井上靖 あらすじ



孔子. 聖人の人生は奇蹟に似ている。. 孔子の心打つエピソードを重ねて、その人間像を浮き彫りにした名作。. 二千五百年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く歴史小説。. 『論語』に収められた孔子の詞はどのような背景を持って生れてきたのか。. 十四年にも亘る亡命・遊説の旅は、何を目的としていたのか。. 孔子と弟子たちが戦乱の中原を放浪する姿 ...

りー. 孔子の14年にわたる旅をともに過ごした老人 (架空)が、発展しつつある孔子教団、孔子研究者達に在りし日の孔子と、顔回・子路・子貢を語る一人称で書かれています。. 孔子が目指したのは「この世に生れて来た人間が、やはり生れて来てよかった、そう思うような社会を造るために、真剣に努力する人間の養成」だという作者に心を打たれました。.

Amazonで靖, 井上の孔子 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。靖, 井上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また孔子 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

孔子の没後33年、生き残っている弟子の一人、蔫薑(えんきょう)が、山奥の陋屋に孔子研究会の面々の訪問をうけて、孔子の詞やエピソードを昔語りをする、という設定で、孔子の人となりを描いた書。

井上 靖『孔子』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。

「孔子」を語るのあらすじ・作品解説ならレビューン小説. 井上 靖の小説「孔子」を語るについてのあらすじや作品解説はもちろん、実際に「孔子」を語るを読んだユーザによる長文考察レビューや評価を …

偶然、井上靖さんの満80歳~82歳に書いた「孔子」、漢字の起源に「呪術」があると亀甲文字や金文を読み解いた大学者白川静さん「孔子伝」を併読していたので、作家と学者の立ち位置は違うにせよ「孔子」その人、生き方、乱世での身の処し方が書かれてある。

井上靖の周囲に実在した人物がモデルとして多く登場し、特に『しろばんば』中に登場する、曽祖父の妾で洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活は、井上靖の人格形成を語る上で欠かせないものである。. その他、老いの境地に入った実母・八重について書いた作者晩年の短編三部作として『花の下』、『月光』、『雪の面 ...

2014年7月に『恕の人』の中国TVドラマをtsutayaで借りて見終り、1年半。マイドラキュラブームも過ぎ、また、孔子に会いたいな~と、『孔子』読んでみました。井上靖の『孔子』は、孔子の放浪の旅の途中に一緒に手伝いとして同行していた篶薑という人が、孔子没後30年経って、孔子研究の人 ...

今回は、人気作家「井上 靖」さんのおすすめ小説をランキングでまとめてみました!井上靖さんと言えば、初期の代表作『闘牛』で第22回芥川賞を受賞するなど、日本を代表する小説家のひとりとして有名な作家さんです。井上さんの描く小説は「読みやすくて、

孔子 井上靖 あらすじ ⭐ LINK ✅ 孔子 井上靖 あらすじ

Read more about 孔子 井上靖 あらすじ.

3
4
5

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu