奥平壱岐 福澤諭吉

奥平壱岐 福澤諭吉

奥平壱岐 福澤諭吉



奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前中津藩家老の砲術家、漢学者、儒学者。本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・啓蒙思想家となった。号は寄梅、名を十学、神錫。

奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前 中津藩 家老の砲術家、漢学者、儒学者。 本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末 維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。 同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・ …

奥平壱岐 奥平壱岐の概要 凡例奥平 壱岐時代江戸時代後期(幕末) - 明治時代生誕文政7年(1824年)死没明治17年(1884年)5月9日改名中金正衡別名十学、神錫官位正七位幕府江戸幕府主君昌高→昌服→昌邁藩豊前...

奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前中津藩家老の砲術家、漢学者、儒学者。本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。 ... 同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・啓蒙思想家となった。 ...

創立者 福澤諭吉。 ... 2月、兄三之助にすすめられ、蘭学を志して長崎に出る。同藩家老の子奥平壱岐を頼り、長崎桶屋町光永寺に下宿し、さらに砲術家山本物次郎の書生となり、山本家の用事一切を引き受けて働く。 ...

Title 福澤諭吉の蘭学修行と奥平十学(壱岐) : 中津藩山崎家「御用所日記」の関連記事を中心に Sub Title Author 河北, 展生(Kawakita, Nobuo) Publisher 慶應義塾福澤研究センター Publication year 1992 Jtitle 近代日本研究 Vol.9, (1992. ) ,p.43- 57 Abstract …

長崎には「家老の子」の奥平壱岐が遊学中で、光永寺に滞在していた。諭吉が、その「お寺の居候」になるように、奥平壱岐に推挙したのは三之助であろう。 諭吉の長崎遊学は、その奥平壱岐の実父の計略により1年ほどで幕を閉じねばならなくなった。

奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前 中津藩 家老の砲術家、漢学者、儒学者。 本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末 維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。 同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・ …

中津藩家老の子奥平壱岐(おくだいらいき)がやはり砲術研究のため、ここに寄宿しており、壱岐の世話で諭吉もこの寺に入ることになった。 諭吉は、高島秋帆門下の砲術家山本物次郎のもとで砲術や蘭学を学び、のちに、光永寺を出て出来大工町の彼の家 ...

三つ目は、福澤の蘭学修行や英学修行にとって、奥平壱岐の果たした役割、 あるいは中津藩の役割は何だったのか?という点である。「国家老」「江戸詰 家老」でもあった壱岐は一貫して諭吉の蘭学・英米学修行をサポートしている

奥平壱岐 福澤諭吉 ⭐ LINK ✅ 奥平壱岐 福澤諭吉

Read more about 奥平壱岐 福澤諭吉.

4
5
6

Comments:
Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Guest

The only good thing about free advice is that the price is right.

Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Calendar
MoTuWeThFrStSu