太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽



太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。

太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもので、太宰が入水自殺したとき、この日記が書斎の机に置かれており、井伏鱒二らが『斜陽』の印税10万円と ...

 · 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。それは当時の愛人・太田静子の日記をベースに書かれたものでした。

太宰治『斜陽』のその後 — —作家・太田治子インタビュー. 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。

今週は太宰治の「桜桃忌」が近づいてきましたので、「斜陽」の元になった太田静子の「斜陽日記」を巡ってみたいと思います(両者を読むとあまりにそっくりなのでビックリします)。

太田静子に「証 太宰治子 この子は、私の、可愛い子で、いつでも父を誇って、すこやかに育つことを、念じている。 昭和22年11月12日 太宰治」と認知状を書いており、太宰は太田静子との間に出来た子供に自分の「治」という一字

そんな面白い詩が、終戦直後の 或 ( あ ) る新聞に載っていたが、本当に、いま思い出してみても、さまざまの事があったような気がしながら、やはり、何も無かったと同じ様な気もする。 私は、戦争の追憶は語るのも、聞くのも、いやだ。人がたくさん死んだのに、それでも陳腐で退屈だ。

太田 治子(おおた はるこ、1947年11月12日 - )は、日本の作家。神奈川県小田原市の生まれ。

太宰 治 太田 静子 斜陽 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 太田 静子 斜陽

Read more about 太宰 治 太田 静子 斜陽.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu