太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽



太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。 作家の太田治子は、太田静子と太宰治の娘。

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。 作家の太田治子は、太田静子と太宰治の娘。

(現:

(現:

太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後

 · 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。それは当時の愛人・太田静子の日記をベースに書かれたものでした。

太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもので、太宰が入水自殺したとき、この日記が書斎の机に置かれており、井伏鱒二らが『斜陽』の印税10万円と ...

今週は太宰治の「桜桃忌」が近づいてきましたので、「斜陽」の元になった太田静子の「斜陽日記」を巡ってみたいと思います(両者を読むとあまりにそっくりなのでビックリします)。

太田 治子(おおた はるこ、1947年11月12日 - )は、日本の作家。神奈川県小田原市の生まれ。

太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもの。

この関係性は戦後まで続き、太宰は『斜陽』の執筆に伴って彼女の日記を大いに参考にしたとも言われています。 つまり、 「没落していく津島家」 と 「太田静子という女性」 をモデルとして、両者を組み合わせて誕生したのがこの作品と考えられるのです。

美知子さんは太宰治の正妻で、太田静子さんは「斜陽」のモデルにもなった太宰治の愛人です。 ちなみに太宰治と心中したのは「山崎富栄」という女性で、彼女との間に子供はいません。 また、太宰治の子供の園子さんには津島淳というお子さんが一人おり、

太宰 治 太田 静子 斜陽 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 太田 静子 斜陽

Read more about 太宰 治 太田 静子 斜陽.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu