太宰 治 キリスト 教

太宰 治 キリスト 教

太宰 治 キリスト 教



太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。 本名は津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった 。

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。 本名は津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった 。

(のちの

(のちの

太宰治とキリスト教の関係は従来、律法説と福音説のいずれの立場をとるかを中心的な論点とした論考が 多く提出されている。 太宰文芸との関係においても「素材として」「聖書」を用いたとする立場から、文芸

太宰治とキリスト教 小田垣 雅也 研究紀要 15, 45-53, 1980

内村鑑三研究はじめ近代日本キリスト教史の碩学、鈴木範久と太宰治の研究家、田中良彦の手による本邦初の本格的な資料。キリスト教関係者のみならず、近代日本文学に関心がある者にとって垂涎の著作となっている。

太宰治が心中して果ててから四十九年が経 過した。その間、太宰文学は風化するどころ かますます多くの読者を魅きつけている。 本ホームページでも賢治や啄木を抜いてアクセス度ナンバー1である。 ... キリスト教の視点から太宰とその文学を語 ...

1.太宰治とキリスト教 作家・太宰治 (1909-1948) とキリスト教の関 係については,近年研究が進展しており,太宰 は,聖書を真剣に読み込んではいたが,基本的に は聖書を福音ではなく律法としてしか理解できな かったことが指摘されている (ex. 長部 2005) 。

太宰 治 キリスト 教 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 キリスト 教

Read more about 太宰 治 キリスト 教.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.

Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Calendar
MoTuWeThFrStSu