多和田葉子 東浩紀

多和田葉子 東浩紀

多和田葉子 東浩紀



多和田葉子「カール・マルクス通り」 ... 本号掲載の中沢新一と東浩紀の初対談「原発事故のあと、哲学は可能か」は、哲学と原子力の関係に始まり、日本の哲学の過去と未来、そして、有限の脳に規定された人間が無限の世界を思考することの限界と可能 ...

 · ベルリンを拠点に世界中を旅してきた作家・詩人の多和田葉子氏は、コロナ禍で朗読会などがキャンセルになり、自宅で机 ...

評論多和田葉子 東浩紀『動物化するポス トモダン』 サブカル化と動物化 小説 山田詠美「ぼくは勉強がで きない」 多和田葉子『犬婿入り』 ...

多和田葉子(1960年 - ) 東浩紀(1971年 - ) 平野啓一郎(1975年 - ) 社会学. 宮台真司(1959年 - ) 福田和也(1960年 - ) 芸能. 柳家小さん(1915年 - 2002年) 久石譲 (1950年-) 小室哲哉(1958年 - ) 映画. 小栗康平(1945年 - ) 北野武(1947年 - ) 周防正行(1956年

選評 柴崎友香、高橋源一郎、多和田葉子、野崎歓、松浦理英子 〈批評総特集〉 「論」の遠近法 考えることを守る 東浩紀 井筒俊彦――ディオニュソス的人間の肖像 安藤礼二 ふたたび世界へと戻ってくるために――崔実『pray human』論 江南亜美子

 · 現実世界への順応 前回は、柄谷行人『探究Ⅱ』における「単独性」の議論を取り上げ、そこで展開された現実世界と可能世界の質的な異なりが、たとえ論理的に正しいとしても感覚的に納得できるものなのかということを考えていきました。前回の復習となりますが、これがいま・ここで ...

多和田葉子 東浩紀 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 東浩紀

Read more about 多和田葉子 東浩紀.

3
4
5
6

Comments:
Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Guest

The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.

Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu