多和田葉子 カフカ 変身

多和田葉子 カフカ 変身

多和田葉子 カフカ 変身



Amazonでフランツ・カフカ, 多和田 葉子, 川島 隆, 竹峰 義和, 由比 俊行のカフカ ポケットマスターピース 01 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。フランツ・カフカ, 多和田 葉子, 川島 隆, 竹峰 義和, 由比 俊行作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

芥川作家多和田葉子監修の「フランツカフカ」アンソロジーです。 多和田葉子新訳も「変身」ほか4作品掲載。 変身って、へんしんが当たり前だと思っておりましたが 「かわりみ」とルビをふられると、なるほど確かにねと納得してしまいました。

facebookのタイムラインで話題になっていた「新訳でびっくり。カフカ『変身』の主人公は、本当に「毒虫」に変身したのか」 「新訳でびっくり。カフカ『変身』の主人公は、本当に「毒虫」に変身したのか」(米光一成) 冒頭の有名な一文、 Als Gregor Samsa eines Morgens aus unruhigen Träumen erwachte, fand ...

多和田 葉子 (たわだ ようこ) 誕生 1960年 3月23日(60歳)日本 東京都 中野区: 職業: 小説家 詩人: 言語: 日本語・ドイツ語: 国籍: 日本: 教育: 博士(文学): 最終学歴: チューリヒ大学 大学院博士課程修了: 活 …

多和田葉子によるフランツ・カフカの新訳「変身」(『すばる』)は、「へんしん」ではなく「かわりみ」と読ませる。

多和田葉子 編 編集協力 川島隆. カフカの書いた小説は今の日本の読者には意外に身近に感じられるかもしれない。わたしたちは近い将来、何も悪いことをしていないのに逮捕されるかもしれないし、拷問を受けるかもしれない。

多和田葉子 翻訳のカフカ作「変身(かわりみ)」(文芸雑誌「すばる」5月号掲載)を読んだ。 多和田葉子はドイツ在住で、ドイツ語と日本語で小説を書いている。もちろん、ドイツ語は堪能であり、彼女の小説が好きな私はどんな風に料理されているのか興味があった。と、言っても昔読んだ...

 · 著者 カフカ (著),多和田 葉子 (編) カフカの面白さを1冊に凝縮。 新訳『変身(かわりみ)』を筆頭に、短編『お父さんは心配なんだよ』長編『訴訟』など、さらには彼の遺した書簡集や公文書も加え、その魅力を現代に伝え...

『変身』(へんしん、Die Verwandlung)は、フランツ・カフカの中編小説。カフカの代表作であり実存主義文学の一つとして知られ、また、アルベール・カミュの「ペスト」とともに代表的な不条理文学の一つとしても知られる。 カミュの「ペスト」は不条理が集団を襲ったことを描いたが ...

多和田葉子氏がカフカの「変身」を訳したことを知り、すぐに図書館から雑誌を借りて読んでみましたよ。 すばる2015年5月号 出版社/メーカー: 集英社

多和田葉子 カフカ 変身 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 カフカ 変身

Read more about 多和田葉子 カフカ 変身.

2
3
4

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.

Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Calendar
MoTuWeThFrStSu