吉野 葛 谷崎 潤一郎

吉野 葛 谷崎 潤一郎

吉野 葛 谷崎 潤一郎



『吉野葛』(よしのくず)は、谷崎潤一郎の中編小説。「その一 自天王」「その二 妹背山」「その三 初音の鼓」「その四 狐噲」「その五 国栖」「その六 入の波」の全6章から成る。後南朝を題材とする歴史小説をかねて構想していた「私」が、秋の吉野で案内役の友人から打ち明けられた母恋の身の上話に惹かれていく物語。 1931年(昭和6年)、雑誌『中央公論

『吉野葛』(よしのくず)は、谷崎潤一郎の中編小説。「その一 自天王」「その二 妹背山」「その三 初音の鼓」「その四 狐噲」「その五 国栖」「その六 入の波」の全6章から成る。後南朝を題材とする歴史小説をかねて構想していた「私」が、秋の吉野で案内役の友人から打ち明けられた母恋の身の上話に惹かれていく物語。 1931年(昭和6年)、雑誌『中央公論』1月号と2月号に連載された 。初収録は、1932年(昭和7年)2月に中央公論社より刊行の『盲目物語』。その後、1937年(昭和12年)12月に「潤一郎六部集」の一冊として創元社より単行本化された 。

当時、阪神間

当時、阪神間

吉野葛 谷崎潤一郎. ... 下流の方のは「葛 ... ( てんむ ) 天皇にゆかりのある 謡曲 ( ようきょく ) で有名なのは後者の方である。しかし葛も国栖も吉野 ...

「吉野葛」 文字遣い種別: 新字新仮名: 備考: この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します …

吉野葛:谷崎潤一郎の世界: 日本の伝統文化に対する谷崎潤一郎の関心は、「蓼食ふ蟲」で人形浄瑠璃を取り上げたあたりから本格化するが、ほぼそれを前面に出して小説を構成したのが「吉野葛」である。

谷崎潤一郎研究 : 『吉野葛』という〈歴史小説〉 坂西 紀美 日本文學 (90), 53-66, 1998-09-30

谷崎潤一郎の「吉野葛」からです。 「…万葉集にある六田の淀、 ── 柳の渡しのあたりで道は二つに分れる。 右へ折れる方は花の名所の吉野山へかかり、橋を渡ると直さに下の千本になり、関屋の桜、蔵王権現、吉水院、中の千本、 ── と、毎年春は ...

吉野 葛 谷崎 潤一郎 ⭐ LINK ✅ 吉野 葛 谷崎 潤一郎

Read more about 吉野 葛 谷崎 潤一郎.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Guest

Nostalgia: Life in the past lane

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu