勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で 、三十六歌仙の一人。

勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。 『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。 。このほかに南朝で編纂された ...

はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解を記しています。 ※古今和歌集(こきんわかしゅう)は、平安時代前期の勅撰和歌

 · 古今和歌集とは。10世紀に成立した日本最古の勅撰和歌集 平安時代前期に、醍醐天皇(だいごてんのう)が、紀友則(きのとものり)、紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、壬生忠岑(みぶのただみね)の4人に編纂を命じた勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)です。

紀貫之は、最初の勅撰和歌集である『古今集』の編纂作業の中で多くの歌を収集し、またそれらの歌を理解し分類・配列することを通して、 和歌についての知見を深めていっ た。

・貫之集(946)紀貫之(つらゆき) ・公忠集(948)源公忠 ・陽成院ー親王姫君達歌合(948) ・後撰和歌集(955〜957)*勅撰(八代) ・内裏歌合(955) ・麗景殿女御歌合(956) ・宣耀殿女御瞿麦合(宣耀殿御息所歌合)(956) ・坊城右大臣殿歌合(956)

 · 【ポイントタウン】最初の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)である「古今和歌集」の編纂を命じた天皇は?,ポイントサイトで旅や趣味のおこづかいをこつこつ貯めています。株主優待の楽しみに目覚め、投資の勉強を始めました。

古今和歌集は、醍醐(だいご)天皇の命を受けて、紀貫之(きのつらゆき)らが歌の選者となり、915年ごろ成立した最初の勅撰和歌集です。このころは平安京建都から100年以上を経て、藤原氏が権力を握り、貴族の序列もほぼ定まっていました。

第八勅撰和歌集である『新古今和歌集』は、最古の歌集である『万葉集』、第一勅撰和歌集である『古今和歌集』と並んで 屹立 ( きつりつ ) している名歌集である。 そのうち、『万葉集』と『古今和歌集』との間には、漢詩文全盛時代という断層があるが、『古今和歌集』と『新古今和歌集 ...

勅撰和歌集 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 勅撰和歌集 紀貫之

Read more about 勅撰和歌集 紀貫之.

8
9
10

Comments:
Guest
Forgiveness is like sunshine after a rainy day.
Guest

Drivers' licenses do not revoke walking privileges.

Guest
Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.
Calendar
MoTuWeThFrStSu