勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で 、三十六歌仙の一人。

勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。 『 古今和歌集 』( 延喜 5年( 905年 )成立)に始まり、『 新続古今和歌集 』( 永享 11年( 1439年 )成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「 二十一代集 」と総称される。

日本最古の勅撰和歌集として有名な『古今和歌集』には 「仮名序」と「真名序」の二つの序文があるのですが 「仮名序」は紀貫之が、「真名序」は紀淑望が書いたとされています。 (注:「仮名序」は仮名で書かれた序文、「真名序」は漢文で書かれた序文) ついでに言うと、『古今和歌集 ...

だが、歌人としては極めて華やかな存在で、初の勅撰和歌集『古今和歌集』の編纂にあたり、仮名による序文「仮名序」を執筆、当時、名実ともに第一人者となった。紀貫之の生年は866年(貞観8年)もしくは872年(貞観14年)などの説があり定かではない。

勅撰二十一代集 一覧 ・後拾遺集の本来の名称は「後拾遺和歌抄」。それ以外は「古今和歌集」など「和歌集」が付くのが正式名称である。 ・金葉集の成立・歌数は所謂二度本のそれとした。 ・巻数は金葉集・詞花集のみ10巻で、他は全て20巻である。

・貫之集(946)紀貫之(つらゆき) ・公忠集(948)源公忠 ・陽成院ー親王姫君達歌合(948) ・後撰和歌集(955〜957)*勅撰(八代) ・内裏歌合(955) ・麗景殿女御歌合(956) ・宣耀殿女御瞿麦合(宣耀殿御息所歌合)(956) ・坊城右大臣殿歌合(956)

 · 勅撰集に多くの和歌が入集されるだけでも、とても名誉あることですが、紀貫之は撰者にも任命されています。 905年、紀貫之が30代の頃、醍醐天皇の命により、初の勅撰和歌集である『古今和歌集』の撰者となりました。

【他出】貫之集、古今和歌六帖、拾遺集(重出)、綺語抄、五代集歌枕、定家八代抄、歌枕名寄 題しらず ふる雪を空に 幣 ぬさ とぞ手向けつる春のさかひに年の越ゆれば (新勅撰442)

和歌 だけでなく、 漢詩の教養 なども身につけていた紀貫之。. 若くして、寛平御時后宮歌合などの大規模な歌合に参加します。 そして醍醐天皇の命により作られることになった、日本初の勅撰和歌集 『古今和歌集』 の 撰者の一人 にも選ばれました。. さらに紀貫之は 『古今和歌集仮名序 ...

勅撰和歌集 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 勅撰和歌集 紀貫之

Read more about 勅撰和歌集 紀貫之.

2
3
4
5

Comments:
Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu