勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

勅撰集に多くの和歌が入集されるだけでも、とても名誉あることですが、紀貫之は撰者にも任命されています。 905年、紀貫之が30代の頃、醍醐天皇の命により、初の勅撰和歌集である『古今和歌集』の撰者となりました。

古今和歌集:勅撰和歌集。紀友則・壬生忠岑・凡河内躬恒との共撰。 古今仮名序; 新撰和歌:貫之単独撰の私撰集。; 新撰和歌序:真名序。 大井川御幸和歌序:『古今著聞集』巻第十四遊覧廿二に載る。 貫之集

成立 『古今和歌集』は仮名で書かれた仮名序と真名序 の二つの序文を持つが、仮名序によれば、醍醐天皇の勅命により『万葉集』に撰ばれなかった古い時代の歌から撰者たちの時代までの和歌を撰んで編纂し、延喜5年(905年)4月18日に奏上された 。 ただし現存する『古今和歌集』には、延喜5 ...

古今和歌集の歴史と成り立ち. 醍醐天皇の勅命によって古今和歌集が編纂されたのは、平安時代前期。 撰者は紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑の四名です。 古今集は全20巻からなっており、総歌数 …

<出典:wikipedia> 古今和歌集. 成立:905年 巻数:20巻 歌数:1200首 編纂者:紀友則 (きのとものり) 、紀貫之 (きのつらゆき) 、凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) 、壬生忠岑 (みぶただみね) 『古今和歌集』は、醍醐天皇の命で作られた、初の勅撰和歌集です。

紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期の歌人・貴族。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。概略幼名を「内教坊の阿古久曽(あこくそ)」と称したという。貫之の母が内教坊出身の女子だったので、貫之もこのよう

延喜5年(905)年、紀貫之は、当時の帝である 醍醐天皇 の命で、勅撰和歌集(天皇の勅命によって編纂された歌集)の作成を命じられる。 この時、紀貫之と共に撰者に任命されたのが、歌人の 壬生忠岑 (みぶのただみね)と 凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね)である。 3人は勅命に従い、『 古今和歌 ...

(※勅撰和歌集とは、天皇の命令によって作られる歌集のこと) この歌の作者、紀貫之は、『古今和歌集』の撰者のひとりでもありました。勅撰和歌集は、国家事業として編集されるわけですから、その歌集の撰者になった紀貫之という人は、この時代の ...

紀貫之きのつらゆきによって書かれた『古今和歌集仮名序こきんわかしゅうかなじょ』は、後世の日本文学に大きな影響を与えたと言われています。 そもそも『古今和歌集仮名序』とは何なのでしょうか。 そして、そんなに素晴らしいことが書いてあるのでしょうか。

勅撰和歌集 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 勅撰和歌集 紀貫之

Read more about 勅撰和歌集 紀貫之.

2
3
4
5

Comments:
Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu