勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之

勅撰和歌集 紀貫之



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。 『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。 。このほかに南朝で編纂された ...

《古今和歌集》以下の勅撰集に約450首入集。没後編纂された家集《貫之集》がある。 →関連項目凡河内躬恒|高野切|古今和歌集仮名序|寸松庵色紙|鳥養牧|六歌仙|和漢朗詠集

古今和歌集の歴史と成り立ち. 醍醐天皇の勅命によって古今和歌集が編纂されたのは、平安時代前期。 撰者は紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑の四名です。 古今集は全20巻からなっており、総歌数 …

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 後撰和歌集の用語解説 - 平安時代中期の第2勅撰和歌集。 20巻。歌数 1400首余。村上天皇の宣旨により,天暦5 (951) 年和歌所が梨壺におかれ,藤原伊尹 (これただ) が長官となり,清原元輔,紀時文 (きのときぶみ) ,大中臣能宣 (おおなかとみのよしのぶ ...

今回は、905年に完成した日本で最初の勅撰和歌集ちょくせんわかしゅう「古今和歌集こきんわかしゅう」についてわかりやすく丁寧に解説していきます。 この記事を読んでわかること 古今和歌集はなぜ作られたの?古今和歌集は誰が作ったの?古今和歌集にはどんな和歌が収められているの?

 · 勅撰集に多くの和歌が入集されるだけでも、とても名誉あることですが、紀貫之は撰者にも任命されています。 905年、紀貫之が30代の頃、醍醐天皇の命により、初の勅撰和歌集である『古今和歌集』の撰者となりました。

概略. 幼名を「内教坊の阿古久曽(あこくそ)」と称したという 。 貫之の母が内教坊出身の女子だったので、貫之もこのように称したのではないかといわれる。. 延喜5年(905年)醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集である『古今和歌集』を紀友則・壬生忠岑・凡河内躬恒と共に撰上。

勅撰和歌集 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 勅撰和歌集 紀貫之

Read more about 勅撰和歌集 紀貫之.

2
3
4
5

Comments:
Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu