兼好 法師 吉田 兼好

兼好 法師 吉田 兼好

兼好 法師 吉田 兼好



吉田 兼好(よしだ けんこう)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。治部少輔・卜部兼顕の子。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。卜部氏の嫡流は兼好より後の時代に吉田家と称するようになり、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。

また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)あるいは単に兼好(けんこう)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書では「兼好法師」と表記される。日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者。私家集に『兼好法師家集』。

吉田は通称。慈遍の弟(一説に兄)。和歌を二条為世に学び二条派の和歌四天王と称せられ、「続千載集」以下の勅撰和歌集に一六首入集。その著「徒然草」は「枕草子」と並ぶ随筆文学の傑作。兼好法師。

 · 吉田兼好よしだけんこうとは、部屋に籠もって『徒然草』ばかり書いていたでしょうか? 説教が好きなカタブツ出家者だったのでしょうか? どんな人物だったのか、学校の古典の授業とは少しちがった角度から見てみましょう。 吉田兼好はどんな人? 吉田兼好出典:Wikipedia 出身地:不明 生年 ...

吉田兼好は後世の俗称。後二条天皇に仕えて左兵衛佐(さひょうえのすけ)に至ったが、のち出家。和歌・文章にすぐれ、頓阿(とんあ)・浄弁・慶運とともに二条派の和歌四天王とよばれた。家集「兼好法師集」、随筆「徒然草」など。

吉田兼好は「徒然草」の作者として名高い人物です。出家後の兼好法師という名でも知られています。1283年頃に誕生し、鎌倉幕府の滅亡から南北朝の動乱の時期に生涯を送っています。神職か武士か従来は神職の出身だと言われていましたが、現在では「滝口の

兼好法師は、吉田兼好として知られていますが、この吉田という姓は「吉田神社」の神職をしていた彼の生家から来ていますが、30歳頃に出家する以前の俗名を『卜部兼好(うらべかねよし)』と言います。

兼好 法師 吉田 兼好 ⭐ LINK ✅ 兼好 法師 吉田 兼好

Read more about 兼好 法師 吉田 兼好.

8
9
10

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Calendar
MoTuWeThFrStSu