兼好 法師 吉田 兼好

兼好 法師 吉田 兼好

兼好 法師 吉田 兼好



吉田 兼好(よしだ けんこう)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。治部少輔・卜部兼顕の子。本名は卜部 兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。卜部氏の嫡流は兼好より後の時代に吉田家と称するようになり、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)あるいは単に兼好(けんこう)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書では「兼好法師」と表記される。日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者。私家集に『兼好法師家集』。

通説では、

通説では、

 · 吉田兼好は、鎌倉時代末期から南北朝、室町時代に生きた歌人、随筆家、古典学者、能書家です。 本名は 卜部兼好 うらべかねよし といい、出家後には 兼好法師 と呼ばれました。. 京の吉田神社の 神職・占部氏出身 というのが通説です。. 近年では、 「滝口の武士」 (従六位程度の官位を ...

『徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好(兼好法師、兼好、卜部兼好)が書いたとされる随筆。清少納言『枕草子』、鴨長明『方丈記』とならび日本三大随筆の一つと評価されている。

 · 『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』(小川剛生 著) 「つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて」と書きおこされる『徒然草』を、国語の授業などで読んだことがある人は多いだ …

作者は吉田兼好(よしだけんこう)や兼好法師(けんこうほうし)の名で知られる卜部兼好(うらべかねよし)で、彼が48歳頃に、それまで書きためていた244もの散文をひとつにまとめたものと考えられ …

徒然草の作者として名高い。自撰家集『兼好法師集』がある。続千載集初出。勅撰入集は計十八首。 『兼好法師集』 岩波文庫、私家集大成5、新編国歌大観4、新日本古典文学大系47

吉田兼好の人柄にふれるには、その伝記を紐解くよりも、その人間性を考えるよりも、『徒然草』を読むのが一番です。 ひとり灯(ともしび)のもとに文(ふみ)をひろげて、見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる。

そんな当たり前のように覚えた『徒然草』ですが、実は吉田兼好(兼好法師)が書いたとする確たる証拠はありません。 『徒然草』が注目されるようになったのも、執筆からおよそ100年後のこと。

 · 『兼好法師――徒然草に記されなかった真実』(小川剛生著、中公新書)がそれである。 捏造した人物は誰なのか。著者は、兼好より150年ほど後世の神道家・吉田兼俱(1435~1511年)を捏造犯と名指している。 兼俱はなぜ捏造する必要があったのか。

兼好 法師 吉田 兼好 ⭐ LINK ✅ 兼好 法師 吉田 兼好

Read more about 兼好 法師 吉田 兼好.

9
10
11

Comments:
Guest
Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.
Guest

Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.

Guest
One of the advantages of being disorderly is that you are constantly making new discoveries.
Calendar
MoTuWeThFrStSu