全共闘 村上 春樹

全共闘 村上 春樹

全共闘 村上 春樹



《村上春樹「ウォーク・ドント・ラン―村上龍vs村上春樹」》 一般的には全共闘に入るきっかけというのが、案外俗っぽいものだった。 中核派や革マル派の書いたものを読み比べて、こっちの世界観がすばらしいから入ろうなんて人、1人もいない。

村上春樹と同世代、全共闘世代の小阪修平は言っている。 同世代の一番優秀な奴は滅んだか、半ば廃人になった 「羊抜け」だ。 小阪修平もなかば離人症のようになったという。 誰もが、語る言葉を失った。 歴史の終焉、革命の終わり、宴の後。

全共闘運動が最も盛り上がった1968年からすでに40年が経った。ノンセクトの「遅れてきた青年」であった著者が、同世代の作家・村上春樹と哲学者・小阪修平の作品、表現、生き方を通して、全共闘体験の光と影を抉る渾身の同時代評論。

 · 小説家の村上春樹氏は、北岡氏の1年後輩にあたり1968年に和敬塾に入った。 半自伝小説『ノルウェイの森』は、和敬塾での日々がモチーフとなっ ...

 · 村上春樹と同世代、全共闘世代の小阪修平は言っている。 “同世代の一番優秀な奴は滅んだか、半ば廃人になった” 「羊抜け」だ。小阪修平もなかば離人症のようになったと言っている。 革命の終わりの時代、1970年代の雰囲気は想像がつく。

村上春樹の初期作品も、全共闘運動の挫折を描いた或る種の転向文学だといえるんですね。 いわゆる初期三部作は主人公である〈僕〉と〈鼠〉にまつわる物語なので、まずは2人のプロフィールをざっとまとめてみたいと思います。

そして、その客観情勢の認識も、感性に左右されるのだと思う。では、全共闘=過激派はどんな感性をもっていたか? ヒット小説「ノルウェイの森」第4章を引用し、村上春樹氏の感性に写った全共闘=過激派学生運動を検討してみよう。

村上春樹の「1Q84」を読んで 2009年8月19日. コメントはまだありません. 遅ればせながら、村上春樹の「1Q84」を読んだ。 上下巻で約1000ページ。読むのにも時間がかかるが、もちろん書くには大変な時間を費やしたに違いない。

これはね、なかなか頑張りましたね。高専でやっていた「都市文学論」という授業での資料です。ネットにあげてしまっても良いのか迷ったけれど、いまはこの授業はやっていないとのことなので、せっかくなのでアップしておきます。3人が発表者となって、数人の質問者を設けて、討論する ...

全共闘 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ 全共闘 村上 春樹

Read more about 全共闘 村上 春樹.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.
Calendar
MoTuWeThFrStSu