個人 的 な 体験 大江 健三郎

個人 的 な 体験 大江 健三郎

個人 的 な 体験 大江 健三郎



『個人的な体験』(こじんてきなたいけん)は、大江健三郎の小説。1964年(昭和39年)に新潮社より発行された。本書は第11回新潮社文学賞を受賞している。 大江健三郎の長男大江光が脳瘤(脳ヘルニア)のある障害者であり、その実体験をもとに、長男の誕生後間もなく書いた作品である。

本作は、新潮社の「純文学書き下ろし特別作品」として函入りで出版されているが、その函には以下の著者のメッセージが記されている。

本作は、新潮社の「純文学書き下ろし特別作品」として函入りで出版されているが、その函には以下の著者のメッセージが記されている。

Amazonで大江 健三郎の個人的な体験 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。大江 健三郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また個人的な体験 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら …

『個人的な体験 (新潮文庫)』(大江健三郎) のみんなのレビュー・感想ページです(129レビュー)。

 · 「個人的な体験」は私小説ではありませんが、脳瘤を持って生まれて来た赤ちゃんの受容がテーマです。 【名畑文巨のまなざし】 真ん中の ...

大江 健三郎『個人的な体験』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

個人 的 な 体験 大江 健三郎 ⭐ LINK ✅ 個人 的 な 体験 大江 健三郎

Read more about 個人 的 な 体験 大江 健三郎.

6
7
8
9

Comments:
Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Guest

A bad habit is nothing more than a mistake repeated.

Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Calendar
MoTuWeThFrStSu