修善寺 川端 康成

修善寺 川端 康成

修善寺 川端 康成



文豪川端康成『伊豆の踊子』執筆の宿 湯本館の施設概要 天城の清流、狩野川に手が届きそうな野趣溢れる野天風呂は貸切で利用可。 多くの文豪達に愛された良い湯と静けさ、旬の料理。

文豪 川端康成が執筆した宿 湯本館. ようこそ、伊豆・天城湯ケ島温泉、旅館湯本館のホームページへ. 文豪 川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿で、狩野川の川端に位置する宿です。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成本人もこの修善寺で一泊しています。 ”大正7年10月31日付伊豆修善寺より” 「お蔭で、昨夜当地につきつした。 思ったほどよいところではありません。

 · <川端康成が愛した温泉宿> 大正7(1918)年、19歳の川端が伊豆を旅した時の実体験を元に書かれた『伊豆の踊子』。 この旅以来、川端は湯本館を毎年のように訪れ大正11(1922)年に作品を執筆、半年~1年以上滞在することもあった。

天城越えの基地として修善寺を訪れ「北伊豆」「南伊豆」を発表。 川端康成 「伊豆温泉記」に菖蒲の湯(現在の天平大浴堂)が描かれている。 井伏鱒二: 釣りを好み近隣の川でしばしば釣行をしている。作品「修善寺の桂川」他。 川口松太郎

①②修善寺湯川橋(改装され案内は現在ない)③旧天城隧道(湯ヶ島側)茶屋もこちら側にあった ノーベル文学賞受賞者川端康成が、小説『伊豆の踊子』の実際の旅行で伊豆を初めて旅してから、今年でちょうど 100 年になる。

川端康成と「伊豆の踊り子」 ... 一高の二年に進んだばかりの秋半ばで、上京してから初めての旅らしい旅であった。修善寺に一夜泊まって、下田街道を湯ヶ島に歩く途中、湯川橋を過ぎたあたりで、三人の娘旅芸人に行き遇った。 ...

書評家として活躍する倉本さおりさんが、『伊豆の踊子』を手に訪ねたのは、作品の舞台・修善寺!あまたの文豪たちが愛した修善寺の温泉宿で、存分に読書を楽しみたい! 倉本さんの膨大な読書ストックから、伊豆の旅でお供にしたい、さまざまな文学作品をレコメンドします。

そんな伊豆乃踊子がなぜ修善寺お土産としてランクインしているのかというと、このお土産のもととなっている川端康成の短編小説「伊豆の踊り子」は、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人の話なのですね。

修善寺 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 修善寺 川端 康成

Read more about 修善寺 川端 康成.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.
Guest

Everything has its beauty--but not everyone sees it.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu