作家 火野 葦平

作家 火野 葦平

作家 火野 葦平



火野 葦平(ひの あしへい、1907年(明治40年)1月25日 - 1960年(昭和35年)1月24日)は、昭和戦前・戦後期の小説家。本名玉井 勝則。

美術人名辞典 - 火野葦平の用語解説 - 小説家。福岡県生。本名玉井勝則。日中戦争当時芥川賞を受け、従軍作家として活躍。敗戦後は、日本ペンクラブ代表として訪欧もした。芸術院賞受賞。昭和47年(1972)歿、52才。

火野葦平選集 第三巻 『石と釘』 より 金毘羅神社 「洞海湾を中心とする北九州を、眼下に一望できる金比羅神社の境内は、撩乱たる桜の花ざかり、晴れあがった青空の下で、各所に、花見宴が張られていた。

作家名: 火野 葦平: 作家名読み: ひの あしへい: ローマ字表記: Hino, Ashihei: 生年: 1907-01-25: 没年: 1960-01-24: 人物について:

 · 火野葦平の三男・玉井史太郎さん: 葦平を戦犯作家だとか兵隊作家というように代名詞で呼ばれるんですけど、私はそれは大きな誤解だと思ってですね. 葦平の三男、玉井史太郎さん。 葦平が暮らした家、「河伯洞」の管理をしている。

火野葦平をチェックした人はこんな人物もチェックしています. 火野葦平にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。 火野葦平にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

 · 芥川賞作家・火野葦平の三男、玉井史太郎(たまい・ふみたろう)さんが5日、前立腺がんのため死去した。83歳。葬儀は遺志で営まない。喪主は ...

 · 孤独すぎる――。「花と龍」や「麦と兵隊」で知られる北九州市出身の芥川賞作家・火野葦平(ひのあしへい、1907~60)が、自死する4カ月前に ...

主人公である火野の父、玉井金五郎(1936年頃) ポータル 文学 『 花と竜 』(はなとりゅう)は、 昭和 27年( 1952年 )4月から翌28年( 1953年 )5月まで『 読売新聞 』に連載された 火野葦平 の 長編小 …

火野葦平は、言わずと知れず「麦と兵隊」で知られる芥川賞作家。 本名、玉井勝則。 自伝的長編「花と龍」では、北九州の若松で、荒くれ者の沖仲士を束ねた両親(玉井金五郎とマン)を主人公に「切った、はった」の世界を生き抜く姿を活写しています。

作家 火野 葦平 ⭐ LINK ✅ 作家 火野 葦平

Read more about 作家 火野 葦平.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Guest

The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.

Guest
The road to success is dotted with many tempting parking places.
Calendar
MoTuWeThFrStSu