人の世は住みにくい 鴨長明

人の世は住みにくい 鴨長明

人の世は住みにくい 鴨長明



 · 江戸時代の松尾芭蕉も『方丈記』を愛読していました。. 『奥の細道』の旅を終え、滋賀県の大津に滞在している時に、鴨長明が住んでいた庵の跡を訪ねてみたいという衝動にかられます。. 明治の文豪・夏目漱石は、『方丈記』が投げかけるテー …

おおよそ、住みにくい世の中だと堪えしのぎながら、心を悩ませること、三十年あまり。そのあいだ、折々に出会う不本意に、自らの不運を悟った。そうしてついに、五十歳(いそじ)の春を迎えたとき、出家して遁世した。

世の無常と人間のはかなさは、やがて長明に「人はどう住み、どう生きるべきか」を考えさせるようになったのである。 〈人の世はとかく生きづらい。私は五十歳を迎えたのを潮に出家し、六十路に入ったいま、残り少ない余生を過ごす場所を作った。

 · (一)無常の世における、人と栖のはかなさ (二)若い時から、度々の災厄で経験した、無常の世の中における、人と栖のはかなさ。 (三) その住みにくい世に生きるわが心の悩みを踏み切って入った遁世生活。

とかくに人の世は住みにくい。 も、方丈記からのヒントを得た表現らしい。 日本で最初に方丈記を英訳したのは漱石先生だという。

人の世は住みにくい 鴨長明 ⭐ LINK ✅ 人の世は住みにくい 鴨長明

Read more about 人の世は住みにくい 鴨長明.

5
6
7

Comments:
Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.
Calendar
MoTuWeThFrStSu