井上靖 愉快に

井上靖 愉快に

井上靖 愉快に



 · 井上靖は京都帝大で哲学の勉強を志すも、理科にいたことから文科の勉強にはハンディがあり、結局進学できたのは、空きがあった九州帝大の英文科だった。 しかし井上靖は、九州に行くことさえせず、東京の下宿で好きな本を読み耽って過ごした。

実に愉快な本たちだ。ぼくが読んでいない本はいくらもあるけれど、イシスな諸君の読み方を読んでいると、伊藤美誠のミマパンチを見たり、中邑真輔のケリが跳んだときの快感もあって、それで充分だよと思える。 ... 井上靖74 歳の最後の ...

脳裏を離れない言葉がある。「お目利き奇特に存じます」「あなたの鑑識眼はなかなかご立派なものですな」といった意味だろう。井上靖の小説『利久の死』の一節だ。 秀吉…

井上靖の小説の魅力はなんですか。太宰治、川端、三島のような文豪の本から、現代の若い作家の本までいろいろと読みますが、井上靖の小説に特に引き込まれます。 読みやすい文章?文章が整っていてきれい?ドラマチックな展開?登場...

井上靖『夏草冬濤』(上下、新潮文庫)を読みました。 井上靖の自伝的三部作(『しろばんば』『夏草冬濤』『北の海』)の第2作目にあたります。中学生に成長した洪作少年の物語です。

井上靖の『天平の甍』の感想を教えてください 『天平の甍』は中学1年のころ読みました。思えば私の初めて読んだ歴史小説だったわけです。初めの2~3ページは漢語がいっぱいで難しそうな歴史の話かなと不安だったのですが、すぐ...

井上ひさしの言葉「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」の出典が知りたいとの依頼があり調査をしたところ、以下の資料に、劇団「こまつ座」の雑誌 ...

そう思うと、井上ひさしさんの主張は、じつは「学びの場の極意」だったことに気づかされます。 気づいたからには、私は「てら子屋」を通して、この極意を求め続けていきたいと思っています。

4月9日に亡くなった井上ひさしさんの追悼記事で、頻繁に引用されていた彼の「座右の銘」が、タイトルの文章です(ご自身の創作姿勢についての、でしょうか)。以前も同様のフレーズを目にしたことがあるのですが、いくつかバリエーションがあるみたい。

作家 井上 ひさし の 言葉 『 むずかしいことをやさしく,やさしいことをふかく,ふかいことをおもしろく,おもしろいことをまじめに,まじめなことをゆかいに,ゆかいなことをいっそうゆかいに 』 難しい話 を そのまま 難しく話す事、易しい話を 易しく話す事・・・・・どちらも簡単な事 ...

井上靖 愉快に ⭐ LINK ✅ 井上靖 愉快に

Read more about 井上靖 愉快に.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
The more you say, the less people remember.
Guest

No brook is too little to seek the sea.

Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Calendar
MoTuWeThFrStSu