三島 由紀夫 作品 あらすじ

三島 由紀夫 作品 あらすじ

三島 由紀夫 作品 あらすじ



三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者である。 血液型はA型 、身長は163cm 。 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に ...

『潮騒』(しおさい)は、三島由紀夫の10作目の長編小説。中編小説とみなされることもある 。

『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。 金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で ...

三島由紀夫氏は、戦後の文学界を代表する作家とされています。小説の他に短編など教科書にも掲載され、またエッセイなどおすすめの傑作を残し、45才で割腹自殺という壮絶な死で亡くなりました。 その三島由紀夫氏の作品の中から、おすすめの小説などの傑作をご紹介します。

三島 由紀夫 作品 あらすじ ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 作品 あらすじ

Read more about 三島 由紀夫 作品 あらすじ.

3
4
5
6

Comments:
Guest
If God shuts one door, He opens another.
Guest

Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.

Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Calendar
MoTuWeThFrStSu