ララ 洋菓子 店 太宰 治

ララ 洋菓子 店 太宰 治

ララ 洋菓子 店 太宰 治



ララ洋菓子店. 昭和9年、夏のひと月を三島に滞在した太宰治は、よくこの店を訪れ、レコードを楽しみながら、コーヒーを飲んだ。 左、および下の写真は現在(2012.2)のもので、伊豆箱根鉄道の三島広小路駅を降りてすぐの本店である。

また、「続・三島文学散歩(中尾勇著)(静岡新聞社)」にも「太宰治のかよったララ洋菓子店」(206~207ページ)と「太宰治が心ひかれた三島の女性」(208~209ページ)で、ご本人から聞いた話が載っています。

また、「文豪・太宰治に愛されたララ洋菓子店」としても有名で、毎日のように散歩の途中に店に寄って、レコードを聞きながらコーヒーを飲みに通っていました。そんな歴史ある「元祖パティスリーララ」広小路本店に是非足を運んでみてください。

3階建ての石造りの洋館風、「ララ洋菓子 店萩店」さんは3代目のオーナーシェフが100年企業をめざして1995年にスタートさせました。文豪の太宰治氏が足繁く通っていたという本店は、静岡の洋菓子店の草分け的存在です。

小さなお店ながらも付近の学生や買い物帰りの方々に愛され続けてきました。 また、「太宰治に愛された洋菓子店」としても有名で、毎日のように散歩の途中にお店に立ち寄り、レコードを聴きながらコーヒーを飲みに通っていたそうです。

ララ洋菓子店は、三島にお住まいの方はご存じの通り、三島広小路駅のすぐそばに店を構える老舗の洋菓子店で、かの太宰治も三島滞在中は、足を運んだお店です。 今では、店舗も三島近郊に2店舗増えました。 【萩店】三島市萩66(tel 055-989-7499)

 · こんばんは 昨年は太宰治 生誕100年とかで、ゆかりの地はイベント等で盛り上がっていましたね 彼のゆかりに地といえば、青森(五所川原)、武蔵野(三鷹)などが有名ですが、私が住んでいる静岡県三島市も少なからず縁があるようです(以前も少し紹介しました→ここをクリック)。

三島の誰もが知る洋菓子の老舗といえば、1932年(昭和7年)創業の、太宰治も愛した「ララ洋菓子店」です。当時は「喫茶ララ」という名だったこのお店に太宰治が通っていたのは、小説を書くため三島に滞在していた34年の夏。

< ララ洋菓子店> 「ララ洋菓子店」は太宰治の小説に直接登場する訳ではありませんが、このお店のママがお好みだったようです。 「…その太宰治がレコードとコーヒーを楽しみにかよったという、広小路町の「ララ洋菓子店」に寄ってみる。

ララ洋菓子店は1932(昭和7)年、小澤さんの祖父である菊川義雄さんが立ち上げた店だ。 「誰にでも覚えやすいように」。 それが、店名「ララ ...

ララ 洋菓子 店 太宰 治 ⭐ LINK ✅ ララ 洋菓子 店 太宰 治

Read more about ララ 洋菓子 店 太宰 治.

9
10
11
12

Comments:
Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Guest

You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.

Guest
There is only one pretty child in the world, and every mother has it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu