カズオイシグロ ブログ

カズオイシグロ ブログ

カズオイシグロ ブログ



秀雄さんのブログテーマ、「カズオ・イシグロ」の記事一覧ページです。

今日、たまたまテレビをザッピングしたら、カズオ・イシグロ「文学白熱教室」をEテレで再放送していまして、これは見なくてはと思い、珍しく地上波のテレビ放送をじっくり1時間視聴しました。 (内容をまとめたブログを発見しました)

カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞受賞、おめでとうございます。 なーにを今更、って、 今更、本が届いたから。 今はネットで日本語の活字が手に入るから、 海外生活をしてても活字に飢えるということは少なくなりました~ ただ、中古書籍を安く手に入れるということはあまりできず ...

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)久しぶりにカズオ・イシグロ作品です。これまで「日の名残り」、「わたしを離さないで」、「わたしたちが孤児だったころ」、「浮世の画家」、「充たされざる者」と読んできました。(リンククリックで感想ページに飛び

 · なお、ネット雀は、次の日本生まれのノーベル文学賞受賞者は、村上春樹が先か、カズオ・イシグロが先かと騒がしい。 おサルさんのお勧めでKazuo Ishiguroのベストセラー問題作を読みました。著者は1960年、5歳のとき英国に渡った日系人。

カズオ・イシグロは、1954年長崎県長崎市の生まれ。 小学生の時に父親の仕事の関係で、一家でイギリスに移住します。 大学卒業後には、一時期ミュージシャンを目指していた時期もありましたが、社会福祉事業に従事する傍ら作家活動を始めました。

カズオ・イシグロが今年のノーベル文学賞を受賞しました。ファンの一人として、誠にうれしく喜ばしく、少しだけ誇らしくもあります。さっそく本棚からカズオ・イシグロの作品を抜き出し、この3連休はあらためて読みふけりました。カズオ・イシグロの作品は、すべてではありませんが ...

noishuブログ わたしを離さないで/カズオ・イシグロ 臓器提供のためだけに産まれ、一般社会と隔離された専用の施設・ヘールシャムで育てられたたくさんの子供たちの物語

サー・カズオ・イシグロ( Sir Kazuo Ishiguro OBE FRSA FRSL、漢字表記: 石黒 一雄 、1954年 11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人 小説家。 1989年に長編小説『日の名残り』で英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を、2017年にノーベル文学賞を受賞した。 Knight Bachelor 。 ...

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。カズオ・イシグロが祝! ノーベル文学賞! ということで特別編です。「カズオ・イシグロ全作品」を紹介します。あなたの失われた記憶も、私がいつか思い出したい記憶も、カズオ・イシグロが ...

カズオイシグロ ブログ ⭐ LINK ✅ カズオイシグロ ブログ

Read more about カズオイシグロ ブログ.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Calendar
MoTuWeThFrStSu