カイン の 末裔 有島 武郎 あらすじ

カイン の 末裔 有島 武郎 あらすじ

カイン の 末裔 有島 武郎 あらすじ



底本:「カインの末裔 クララの出家」岩波文庫、岩波書店 1940(昭和15)年9月10日第1刷発行 1980(昭和55)年5月16日第25刷改版発行 1990(平成2)年4月15日第35刷発行 底本の親本:「有島武郎著作集 第三輯」新潮社 1918(大正7)年2月刊

カインの末裔(カインのまつえい、descendants of Cain)とは、旧約聖書に登場する人類の起源と人間の罪深さを諭すものであり、キリスト教においてテーマとなっている概念の1つである。

カインの末裔(有島武郎の作品)についての情報をご紹介。獰猛な欲望と生命力に突き動かされる農夫、仁右衛門。人間に立ちはだかり圧倒する自然の猛威。羊蹄山のふもと北の大地を舞台に描かれた、無知ゆえに罪を犯す主人公の焦がすような生のいとなみ。

有島 武郎『カインの末裔』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約13件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

名作文庫を耳で聞きながら「読書」でき、さらに速読の能力が高められる日本初の文学全集、文庫集の販売です 日本・世界の童話から古典まで不朽の名作を集大成し、名作速読朗読文庫として …

有島武郎『カインの末裔』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約10件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

有島 武郎『カインの末裔 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約21件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

有島武郎には「自己を描出したに外ならない『カインの末裔』」という手記があるが、その中には次のような一節が見える。「彼は人間と融和していく術に疎く、自然を征服して行く業に暗い。

有島武郎の小説を初めて読みました。『カインの末裔』です。 私はなぜこの本を手に取ったのか。それは、このカインという言葉がヘルマン・ヘッセの『デミアン』の大きなテーマになってい …

カイン の 末裔 有島 武郎 あらすじ ⭐ LINK ✅ カイン の 末裔 有島 武郎 あらすじ

Read more about カイン の 末裔 有島 武郎 あらすじ.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Guest

School is a building that has four walls--with tomorrow inside.

Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu