ひょっとこ 芥川 龍之介

ひょっとこ 芥川 龍之介

ひょっとこ 芥川 龍之介



底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1995(平成7)年10月5日第13刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama 校正:earthian

芥川龍之介に『ひょっとこ』という小説があります。大正3年12月に発表された作品です。まだ『羅生門』とか書く前の、芥川竜之介としては非常に初期に書かれた短編小説です。 『ひょっとこ』のあらすじ

底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1995(平成7)年10月5日第13刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月〜1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama 校正:earthian

ひょっとこは、口をすぼめて曲げたような表情の男性、あるいはその面のこと。潮吹き面(しおふきめん)ともいう。

目次> ひょっとこ--1914 . ひょっとこ--芥川龍之介. 吾妻橋(あずまばし)の欄干(らんかん)によって、人が大ぜい立っている。 時々巡査が来て小言(こごと)を云うが、すぐまた元のように人山(ひとやま)が出来てしまう。

ひょっとこ 芥川龍之介. あらすじを。 吾妻橋の欄干に人が大勢集まって川を下る花見の船を見ている。花見の船では酔った客が踊ったり唄ったりしている。それを橋の上から見ていると滑稽にしか見えない。 ある一艘の伝馬船がやってくる。

ひょっとこ 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ ひょっとこ 芥川 龍之介

Read more about ひょっとこ 芥川 龍之介.

3
4
5

Comments:
Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Guest

Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example

Guest
People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.
Calendar
MoTuWeThFrStSu