お目出たき人 武者小路 実篤

お目出たき人 武者小路 実篤

お目出たき人 武者小路 実篤



『お目出たき人』(おめでたきひと)は、武者小路実篤による初期の小説。 1910年 2月に脱稿され、1911年2月に洛陽堂より刊行された。 その際、『(「お目出たき人」の主人公の書けるものとして見られたし)』という一文を添えた附録、「二人」「無知万歳」「生まれなかつたら」「亡友 ...

お目出たき人. 武者小路実篤/著 506 円 (税込) 発売日:2000/01/01 ... その当然すぎる破局までを、豊かな「失恋能力」の持ち主・武者小路実篤が、底ぬけの率直さで描く。 ...

武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ、1885年(明治18年)5月12日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、日本の小説家・詩人・劇作家・画家。 貴族院勅選議員。. 姓の武者小路は本来「むしゃのこうじ」と読むが、後に「むしゃこうじ」に読み方を変更した 。 しかし、一般には「むしゃのこうじ ...

武者小路 実篤『お目出たき人/世間知らず』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレ ...

武者小路実篤(1885-1976)の二十代半ばの作品。付録として五つの小品を収録した出版当時と同じ内容で、新潮文庫に収められている。 手記の形をとった一人称の文体だが、実にストレートで主人公の思いを自在に、くもりなく語っている。今読んでも、少し言葉使いが古びているという不可抗 ...

¥380 Amazon.co.jp 武者小路実篤『お目出たき人』(新潮文庫)を読みました。 『お目出たき人』は、『友情』の原型とも言えるような作品で、〈自分〉という1人称の一方的な恋心が綴られています。 『友情』の場合は、単に一方的な恋愛が描かれているのみならず、愛と友情を天秤にかけて ...

#おうち時間で実篤を知ろう >> 実篤ってどんな人(1) 実篤ってどんな人(1) 解説シート「もっと知りたい武者小路実篤」紹介・2 3月4日(水)掲載 【#おうち時間で実篤を知ろう 4】 実篤が40歳頃から始めたことは、絵を描くこと。

僕が「純愛」ということを考えるときにいつも思い出すのが、武者小路実篤の『お目出たき人』です。 これはなかなかに強烈な小説で、26歳の独身の主人公が片思いをしている「鶴」という女学生に対する想いを延々と綴っているのですが、冒頭から「自分は女に飢えている」というフレーズが ...

 · 武者小路実篤の名言には「君は君 我は我也 されど仲よき」、「自己を責めることを知っ …

武者小路実篤をチェックした人はこんな人物もチェックしています. 武者小路実篤にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。 武者小路実篤にとくに関係の深い人物はまだ登録されていませ …

お目出たき人 武者小路 実篤 ⭐ LINK ✅ お目出たき人 武者小路 実篤

Read more about お目出たき人 武者小路 実篤.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
No brook is too little to seek the sea.
Guest

Happiness is a way station between too much and too little.

Guest
Doubt your doubts instead of your beliefs.
Calendar
MoTuWeThFrStSu